プロミス情報

プロミサー

買い過ぎが祟ってプロミスさんのお世話になる事に

いつもなら買い物をするにしても、ちゃんと貯金の事も考えてもっと計画的に常識的な範囲で収める私でしたが、消費税が増税されるという事で今買っておかなければという気持ちが強くなって、ついつい大きな買い物をし過ぎてしまいました。



気が付くと貯金の方も底をついてしまい、給料日はもう少し先なのに、色んな生活費をどこから捻出したらよいか困る羽目になってしまいました。



そんな時、取り敢えず急場を凌ぐ方法としてプロミスからお金を借りることにしたのです。



今まで消費者金融からお金を借りたことの無かった私としては、審査に落ちたらどうしようなどと色々な不安もありましたが、オンライン上で行った審査ではあっけないほど簡単に審査に通り、お金が振り込まれるまでの流れも非常にスムーズでした。



この対応がプロミスさんのような大手消費者金融だからなのか、業界の標準かどうかは分かりませんが、ともあれ後はこれ以上の無駄遣いを控えて、計画的に返済していくだけです。

  プロミス審査に落ちないためにどうすればいい?

給料日前のピンチはプロミスで乗り切れ

毎月、稼いだお金のほとんどが家計に入り、自分は少ない小遣いでなんとかやっとやり繰りをしていました。

しかし、月によっては飲み会や出費がかさんでピンチになってしまいます。

このご時世、給料もほとんど増えないし、子供たちの教育費が年々増えていって、サラリーマンには厳しい状態です。

そして今月も、給料日まではあと少しという所で、飲み会が続いてしまい財布が空っぽになってしまったのです。

そんなピンチの時にわたしの強い味方になってくれるのがプロミスです。

わたしが数ある消費者金融の中でプロミスを選んでいる理由は、プロミスの金利が、借りた日数分の計算で良いからです。

他の消費者金融で以前借りた時は、5日間だけ借りたのに、1が月分の金利が発生したことを考えると、プロミスの借りた日だけに金利を払えば良いというのは、とても有り難く返済しやすい内容だと思います。

また、家に何かプロミスから書類が届いたり、連絡が入ったりすることはないので、家内に内緒で借りることができて助かります。

 

プロミスの無利息期間サービスはとても良心的!

大手消費者金融会社はたくさんありますが、一番おススメなのはプロミスです。プロミスの最大の特徴は、30日間の無利息サービスがあるところでしょう。



プロミスの無利息期間サービスはとても良心的です。なぜなら契約日の翌日以降すぐでなくても、融資を受けた日から30日間無利息にしてくれるからです。



ほかにも同じようなサービスをしている会社がありますが、よく見ると契約日の翌日から30日の無利息と決まっているのです。すぐに利用しないと30日間の無利息にならないのです。



ですから、プロミスは焦ることなく無利息期間を使えるのでとても優秀な会社だと思います。



もちろん30日間無利息を受けるには条件がありますのでよく調べてから利用しましょう。プロミスの場合は、30日以内にポイントサービスに申し込むことが条件になります。とても簡単ですね。



このように、プロミスは大手の消費者金融のなかでも断トツに素晴らしい会社だと思います。ぜひ機会があったら利用してください。

プロミスのレディースキャッシングを利用すること

キャッシングを利用したいけど、家族や知り合いにバレたくないし、なかなか機会がなく躊躇していました。プロミスは女性専用のレディースキャッシングがあるので、利用してみることにしました。女性専用ダイヤルがあるので、そこへ電話すると女性オペレーターが対応し、申込みや取引きについて相談できるので便利ですね。返済方法なども詳しく説明があり、近くのコンビニやネットバンク、プロミスマークが付いているATMなど24時間365日ATMを利用でき、借入と返済ができます。プロミスの「瞬フリ」は三井住友銀行かジャパンネット銀行の場合、土日、祝日でも、好きな時間に指定した口座へ最短10秒で振込みが可能なので、とても利用しやすいですね。自分が使用しやすい方法で借入、返済が自在にできるので、とても便利に活用しています。レディースキャッシングですと、対応も女性のスタッフの方なので、ちょっと確認したいことなども色々と聞けますし、サポートが充実しています。

競馬が大好きな友人

友人と競馬に行った時のことです。

自分はそんなに競馬をやらないのですが、本気でやっている友人が、かたいレースがあるから行こうと誘われ、場外馬券場へ行きました。思ったより普通っぽい人がたくさんいました。もちろん友人のように本気の人もたくさんいましたが。

単勝を買っておけばまずあたるだろうが、心配なら複勝にしたほうがいいと言われたので、二千円ならハズレてもいいかと単勝で買ったらハズレました。着外です。

全然だめだったじゃないか、と半分冗談で友人に文句をいうと、青い顔をしていました。冗談だよ、と笑うと、友人は、ひくぐらい大金をかけたことを告白しました。

そして、メインレースで一気に取り返すつもりだという粗い計画を発表しました。軍資金はプロミスで借りてくると言います。

それは本当にやばいやつだからやめろと言いましたが、友人は聞く耳を持ちませんでした。私はこわかったので友人から離れていました。

そしてレースが終わり、友人のところに行きました。マンションが買えるほどもうかっていて、またちょっとひきました。